重要!資金サポートの審査に通るコツ!

資金サポートを受けるために何が必要?

資金サポートが受けられないパターン

・資産や収入に問題がある
銀行融資やローンの場合は返済能力が有無で判断される部分が大きいです。担保となる資産や収入が大きければそれだけ契約が成立しやすいですが、逆に言えばそれらがない場合は受けるのが難しくなります。
・健康に問題がある
意外と見落としやすい要因ですが、健康は継続的な収入を得られるかや事業を計画通りに進められるかの指標にもなります。比較的審査が緩いローンの中でも住宅ローンのように長期にわたるものは健康が原因で落とされることがあるので、定期検診や健康診断を受けてなるべく自身の健康状態を把握しておきましょう。
・提出書類に問題がある
どんな形で資金サポートを受けるにしろ大量の書類が要求されるのは共通です。当然不備や虚偽があるとたちまち弾かれてしまします。
また、事業計画書の計画や資金繰りに無理があったり、具体性がなかったりするとかなりの確率で弾かれます。

資金サポートを受けるための鍵・事業計画書

資産や健康面は一朝一夕でどうにかすることが難しい要素です。よって資金サポートを受ける確率を上げるためには提出書類の出来にかかってきます。
その中でも事業計画書は自力で介入できる要素であり、かつ大きなウェイトを占めるのであまり資産に頼れない中小企業や個人事業主が資金サポートを受けられるかの分水嶺になると言っても過言ではありません。
特に公共団体が行っている業界発展や社会振興を目的とした補助金や助成金、融資は資産よりも事業の公的意義を重要視するため事業計画書の出来が何よりものを言います。
事業計画書の基本的な構造は、①企業及び事業者の略歴 ②事業概要 ③コンセプト ④従業員の状態 ⑤競合や市場規模など業界情報⑥自社の長所や短所といった現状分析 ⑦取り扱いサービス及び商品概要 ⑧販売戦略及びビジネスモデル ⑨事業の見通しや人員計画 ⑩資金の調達方法や利回りとなっています。



この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る