重要!資金サポートの審査に通るコツ!

資金サポートについて

資金サポート・返済義務のないものについて

資金サポートにはいくつかの種類があり、それぞれサポートを受けるための条件や特徴が存在しています。こちらではその中でも返済義務のないものについてです。
・公的機関からの補助金および助成金
国や地方自治体が行っている政策を推進する目的で支払われる資金サポートです。
返済義務はありませんが資金サポートを受けるためには一定の条件満たしていることに加え所定の書類を提出して審査に通る必要があります。
返済義務がないため申請者が多く、時間がかかることが多い点がデメリットと言えます。
・ファクタリング
ファクタリングとは、企業から売掛金などの債権を買い取り、代理で管理や回収を行うことを指します。売掛金を早期に現金化したい場合に使われ、借金ではなく売買契約にカテゴライズされています。
ですので、当然返済義務は発生しないのですが、性質上売掛金の回収権を失うというデメリットは避けられません。

資金サポート・返済義務のあるものについて

・融資
公的機関や金融機関から受けられる資金サポートで、返済義務のある借金の一種です。
融資は基本的に事業に使う資金として借りる場合を指し、ローンより低金利で多額の資金サポートを受けられる傾向にあります。
ただしその分審査が厳しい傾向にあり、特に銀行融資は受けるのが難しいと言われています。
・ローン
ローンは借り入れとも言われ、融資と同じく借金に分類されますが、用途を限定しないという点で融資と異なります。住宅・自動車・教育など目的に応じた様々なローンがあり、それぞれのローンはそれぞれの目的でのみ使用されるものとされ、原則として他の用途で使うことはできません。
こちらも審査が必要ですが融資に比べれば受けやすく、審査の厳しい銀行系ローンでも数日~2週間で受けられます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る