資金サポートを受けられる人と受けられない人

重要!資金サポートの審査に通るコツ!

資金サポートについて

このページではどのような資金調達サポートを受けるべきなのかが一目で分かるように、主な資金サポートの種類をそれぞれ返済義務のあるものとないものに分けて紹介しています。それぞれの特徴や条件を把握し、精査したうえで自分に合ったものを選びましょう。

知っておきたい資金サポートの種類

資金サポートを受けたいとは考えているものの、資金サポートを受ける方法や資金サポートを受けるための条件が分からなかったり、そもそも資金調達にどんな種類のものがあるのかも判らなかったりなど、まずどこから手を付けていいいのかすら判断しかねている方も多いのではないでしょうか?
これはある意味当然と言えることで、何故なら資金サポートを行っている機関そのものが多岐にわたるため、資金サポートの種類によって金額や受けるための条件がまったく変わってくるからです。
まず単純な分類としては、返済義務のない資金サポートと返済義務のある資金サポートの二つがあります。
前者の代表的なものとしては国や地方自治体によって給付される補助金や助成金などが該当し、後者は銀行や金融機関からのローンや融資が該当します。
補助金や助成金は国や地方自治体が行っている政策を促進するための資金サポートで、さまざまな分野で法人や個人事業主の取り組みに必要な資金を給付しています。
返済義務はありませんが給付を受けるためには各種書類と一定の給付条件を満たすことが必要です。
特に有名なものはコロナ関係のもので、コロナ禍で事業を継続することができず倒産や破産する事業者がでないように各公的機関が積極的に補助金や助成金を給付しています。
後者に相当するものとしてはローンや融資は金融機関からの借り入れがあり、受けるためには各種審査に通る必要があります。
また、地方自治体と信用保証協会と金融機関の三者が連携して行っている制度融資というものもあり、個人事業主や中小企業向けに低金利や補助付きで融資を受けることができます。

資金サポートを受けるために何が必要?

資金サポートを受けるにあたって、資金を提供してくれる審査を通過することは必須です。審査の成否を左右する要素について知り、資金サポートを受けられる確率を引き上げるためにこちらで紹介するいくつかのポイントについてしっかりと把握しておきましょう。

資金サポートを受けるために 事業計画書の作成ポイント

資金サポートを受けるか受けられるか受けられないかを分ける大きな要因となるのが資産と書類です。 継続的な収入や価値の高い資産は資金サポートを受ける上でかなり有利に働きます。反面、自力でどうにかできる要素がほとんどないため、実質的に審査を通る確率を左右するのは提出書類の出来でしょう。

TOPへ戻る